こーちょーと喜界島

Pocket
LINEで送る

はじめまして、こーちょーです。

大阪の南森町で「キッチンとちゃぶ台のあるウェブ教室」を運営しています。
自由な発想が生まれて生徒さんたちが楽しく通学できる学校をつくりました。

お友達やお仕事関係で繋がってる方なら、はじめてお会いした方でも「あぁ。あのこーちょーさんね。」と言ってもらえるまでに呼び名が一人歩きするようになってきました。
すごく嬉しい反面、「あぁ。あの」の部分がどう伝わってるのかが気になります。

学校の名前は「ピースアンドプレイス」と言います。
略して「ピープレ」と親しみを込めて呼んでもらえたらとてもご機嫌。

ジグソーバズルのピースが1つでも欠けたら完成しないように、ひとり一人はかけがえのない存在。
そして、その人のピースが収まる場所を見つけてやりたいことを実現しよう!
生徒さんひとり一人の個性や能力が最大限に発揮できる脳と心のしくみを育てていきたい!

そんな想いをかかげて学校を立ち上げて今年で8年目。
よく続けてこられたなぁとしみじみ。
こんなこーちょーをどうぞよろしくお願いします。

喜界島という島に魅せられて。

サクサクのはじめてのブログは、こーちょーの一番のパワースポットをご紹介したいと思います。

喜界島という島をご存知でしょうか?

初めてこの島を知ったのは3年前。
喜界島出身の友人に美しい海の写真を見せてもらったその夏から、毎年訪れるようになりました。

鹿児島県の奄美大島から飛行機で10分ほど。
伊丹空港から奄美大島経由で3時間ほどで、バス停のようなちっちゃな喜界空港に到着です。
朝の便に乗ればお昼過ぎにはビーチでランチができちゃいます。

1048134_478048342289141_1138785930_o

人口7,000人ほど小さな島は車で1時間30分ほどで一周できます。
ドライブしたら地球が丸いんだって実感できる水平線と、その上に高い高い空が無限に続いていくみたいに感じます。
自然まんまの海、空、空気と共存するこころあたたかい島の人たちと、皆で囲む島のごはんに島でつくられた黒糖焼酎。
ここでしか味わえない。なんて贅沢な時間なんでしょう!
 11062249_696621020441717_2128465725031652417_n

島時間がゆっくりと流れていきます。

それほどまでの魅力はどこから湧いてくるのでしょうか?
喜界島にいるわたしはこんなふうに変化します。

1つ目は「とにかくお腹がすきます!」
朝からカツカレーだって食べれます!
大阪だったら朝昼食べないこともしょっちゅうなのに。
それだけ自然と島の人たちと真剣に向き合ってエネルギーをお互いにもらい与えているからかな。

2つ目は「とにかく笑います!」
ちょっとしたことで、箸が転げても笑う!みたいな女子高生ばりに笑います。
腹筋が筋肉痛になるほどにエネルギーを使います。
たぶん、五感が敏感になるからなのか…
空の高さや雲の動き、風の匂いや吹いてくる方向なんかを自然に感じています。

3つ目は「とにかく泣きます!」
毎年、星空の素晴らしさにほろほろ涙が自然に出てきます。
1年目は満天の星空を七夕に見て泣きました。
2年目は曇り空の中に隠れても光る星を見て泣きました。
今年の3年目は雨が降ったので、闇の中にたった2つだけ輝く星を見て泣きました。
じぶんが夜空にとけるように、圧倒的な自然と一体になる瞬間です。

美しい海、スギラビーチ。

1064140_479026188858023_1899757728_o
毎年必ず訪れるビーチです。
エメラルドグリーンの遠浅で穏やかな海には魚たちがたくさんいます。
ほとんど観光客が訪れないので、プライベートビーチのようです。
ちゃぽんと海につかったり、浮かんだり、ビーチでランチやビールを飲んだりお昼寝したり。
一日中のぉんびりしたくなります。

夕焼けから星空になるまでの空の変化を楽しみながらゆっくりな時間が流れます。
夜は島の人たちとBBQ。食べて飲んで話して歌って…夜中まで宴は続きます。

DSC_0363

喜界島からもらったもの。

喜界島の自然と人々から「生きる力」を溢れるほどにいただいてきました。

喜界島はこころが赤ちゃんに戻る場所。
その生まれたてのこころをピープレに持ちかえってきました。

周りのみなさんにお裾分けできたらなぁと思っていますので、ぜひパワーアップしたこーちょーに会いにきてください。

もっともっとお伝えしたいことがたくさんあるのですが、今回はこのへんで…
次回はウェブサイトを作らせていただいた「朝日酒造」さんについてご紹介する予定です。

お楽しみに。

関連記事

Pocket
LINEで送る

松山恭子

松山恭子

キッチン&ちゃぶ台のあるウェブスクール
ピースアンドプレイス(ピープレ)のご紹介です。

ピープレを運営していますこーちょーこと松山恭子です。
受講生たちひとりひとり個性や能力を見つけ出したった1人しかない存在を大切にしてほしい。
そして自分を理解することで役立つ場所が見つかるはず。
誰かと組むことでひとりではできない1つのものを作り出してほしい。
そんな思いをこめて「ピースアンドプレイス」と名づけました。

(1) 研修付ウェブサイトパッケージ制作(WordPress/EC CUBE)
担当者様が納品後も安心して更新していただけるように、ピープレが得意とするトレーニングとセットになったサイト制作です。

(2) 完全個別指導のウェブクリエーター育成
コーチングを取り入れた授業により、受講生が自身で考え、行動できる脳を育てます。
授業修了後はスクールで実制作できる半年間の研修期間がつきますので、安心して就職、転職、独立の準備ができます。
また、研修期間終了後もスクールレンタルできるので、仕事に繋がるまで全力サポートします。

(3) オリジナルカリキュラムによる様々な研修に対応
事前ヒアリングにより、それそれの企業様の目的とレベルに合わせたカリキュラムで研修します。
出張はもちろんのこと、ピープレでの研修も可能です。

(4) スクールのスペースレンタルスでコラボレッスンやイベント企画
持ち込み企画で新しい面白い講座やレッスンをコラボします。
IT,ウェブ系だけでなくキッチンがあるので飲食系のイベントやレッスンも可能です。

(5) あこものびびっとくる感じ!生きる力を養うためのオモシロ心理系番組Ustream番組放送中。
http://www.ustream.tv/channel/piepla-tv
https://www.facebook.com/あこものびびっとくる感じ-1054844584542777/timeline/

松山恭子の記事一覧

2015年7月15日 4:59 PM
カテゴリー: つれづれなり

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

サクサクブログ内検索