ロードバイクと事業計画(洪裕智)

Pocket
LINEで送る

ロードバイクを始めたきっかけ

元々は、自転車に数十万円もかけるなんて馬鹿げていると思っていましたが、お世話になっていたある会社の事業部長さんに、如何にロードバイクが素晴らしいかを勧めて頂いて、、その方を尊敬していましたので、そこまでこの方が言うならと、購入を決めました。

乗ってみて気づいた事

しかし、購入したからにはと、毎朝数十キロを走り、週末は大阪ー京都間で数百キロ走ってみて気づいた事は多かったです。

・そのスピード感に感動しました。
普通の自転車は時速10キロ程度ですが、ロードバイクは、一漕ぎで簡単に時速20〜30キロになります。少し座る位置が高く、平行姿勢なのもあるかもしれませんが、低空飛行する鳥になった様な感覚を感じます。

・静かさに感動しました。
奥琵琶湖で走ったとき、遠くトンビの鳴き声を聞きながら、近くの風が樹々を揺らす音を感じれるのです。この繊細な音はバイクや車でのドライブでは感じれないでしょう。

・四季を感じます。
春には春の、夏には夏の、秋には秋の風の匂いを感じ、日々部屋にこもってIT業務する私を心底癒してくれました。

・ロードバイク仲間が増えました。
ロードバイク乗り同士は、立場や関係性を超えて、ロードバイクネタで仲良くなります。
また一緒に長い距離を走る事で連帯感や社会性が自然と高まります。

事業計画との類似性

自然を本当に満喫しようと思えば、数十キロから数百キロを走る必要が出てきます。
長距離ロードバイクに乗った事のある人なら一度は経験していると思いますが、人間も車と同じ様にエネルギーが切れれば、ハンガーノックになって、意思とは関係なく身体は動かなくなります。
また、同じ箇所の筋肉を使い続けるとその筋肉は売り切れ、同じ様に動かなくなります。
その他、走る道の高低差や、走りやすさなど、事前に調査して対策を講じてないと大変なトラブルに巻き込まれます。

最初は感覚的なものを求めて覚悟を決めて初期投資し、リスクを出来る限り事前に想定して、ある期間を設けて、その対策を実現するために計画するという思考プロセスは事業計画する時と似ていると思います。

なるほど、新規事業部を立ち上げたばかりで余裕がない当時の私の状況を知りながら、無理にでもロードバイクを勧めた事業部長さんは、この感覚を共感したかったのかもしれません。

もし、あなたがこれから新しい事業計画をしようとしているなら、まずはロードバイクを購入するところから始めてみては如何でしょうか?

関連記事

Pocket
LINEで送る

洪裕智

洪裕智

2003年 システム開発会社にてエンジニアとして、C言語、Java、COBOLなどのシステム開発や、関連するプロジェクト管理を担当。
2009年 リーマンショック時に新規事業部の設立を提案し、主にサーバ構築などクラウド関連の受託を専門とする新規事業部の立ち上げ。事業戦略立案、プロジェクト管理、求人/採用対応、新規営業先開拓、東京営業所開設を担当し、大阪、東京、名古屋で新規事業部として15名増員、主な案件としては、自治体向けサーバ仮想化、大手メーカ向けOracelDBサーバ構築、データセンター間バックアップシステム構築、BIツールを使ったデータ活用提案など。その新規事業展開手法について既存のシステム開発部にノウハウ連携する事で、会社全体としての収益増に貢献。
2011年 個人事業主として独立。Web制作会社やデザイナーと数多く協業し、その中で主にシステム開発、サーバ構築分野のプロジェクト管理を担当。
2014年 Coelalibs合同会社を立ち上げ、各企業様へ領域の跨ったIT活用をご提案、及びそのプロジェクト管理を担当。

洪裕智の記事一覧

2015年8月5日 2:21 PM
カテゴリー: つれづれなり

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

サクサクブログ内検索