Sunny16(サニーシックスティーン)と仕事軸

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Girl taking a photo with a retro camera

Girl taking a photo with a retro camera

こんにちは、サクサクプロジェクトのビジネスデザイナー小幡です。

日々ビジネス視点でデザイン制作を遂行しています。

今日は少々マニアックなエントリー。

みなさん「サニーシックスティーン」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

  1. ブレイク目前の人気バンドの名前
  2. 青春真っ盛りの「マブい16才」
  3. 流行りのかわいい雑貨屋さん

残念。どれもハズレ。

答え:マニュアルカメラにおける「晴天時の適正露出」の割り出しガイドの愛称。

はい、日本語の意味分かりませんね。少し補足します。

たまに聞くけど、露出ってなに?

露出とは、写真を撮るときに、レンズを通してカメラ内部に取り込まれる光の量のこと。

光の量は絞り(F値)とシャッタースピード(SS)で決まり、それにISO感度を組み合わせた結果、写真の明るさや品質が決まります。デジカメではCMOSイメージセンサーなどと呼ばれる「個体映像素子」が光を受け、画像に解析し、ネガやポジなどのフィルムカメラではフィルムが感光し像を焼き付け写真の元が出来上がります。それをパソコンに取り込んだりプリントしたりすることで本来の写真を楽しむことができます。

基本的に感光素子は、デジタルでもフィルムでも役割は変わりなく、ISO感度を小さくすると画質は向上し、ISO感度を大きくすると荒れてゆきます。フィルムカメラの夜間撮影はISO1600などの高感度のフィルムを用いることと同じように、デジタルでも夜間の撮影はISO感度を上げることになります。

適正露出ってどういうこと?

適正露出とは、被写体が黒くつぶれたり、白飛びしていないこと。誰が見ても「自然に見える写真」と考えられます。デジカメではほとんどが「露出」オートとなっているのでそれについて意識することはほとんどありません。さらにコンシュマー向けの「夜景に強い好感度!手ぶれしない!」などの謳い文句のコンデジにいたっては、ISOオートになっていて、もう何も考えすにシャッターを押すだけでそれなりの写真が撮れます。

露出に気を配る必要のあるカメラとは一体?

それは、露出計のないヴィンテージカメラや、露出計が壊れているレトロカメラなど。もちろん、デジカメでもマニュアル撮影をすることで無理矢理「サニー16」に頼ることができます。しかしながら、オートマチック車をわざわざマニュアル車として運転しないのと同じで普通はやりませんよね。

結局、デジカメ撮影には関係ないってことの理解でよい?

はい、おっしゃる通りです。しかしながら、趣味性の高い写真や写真表現の追求には欠かせません。知っておくと表現の幅がちょっぴりに広がります。被写体の印象を明るく仕上げたければ露出をオーバー気味に、逆に暗いトーンを生かし印象的な写真にしたければ露出をアンダーに、どちらも±0.5〜1.5の間が現実的です。

で、サニー16の正体は?

すみません、前置きが長くなりました。簡潔に。

  1. 状況:晴天の昼間
  2. 絞り:16(F値)
  3. シャッタースピード:1/100(125)
  4. フィルム感度:100

この値で晴天の撮影は「露出適正」となります。夕方や朝などの光の量が少ない場合は、絞りを開けるか、シャッタースピード(SS)を遅くする選択が考えられます。手ぶれを避けたければF8、F4、F2と絞りを開け光の量を増やす。 シャープネスを優先するなら、SSを1/50、1/25、1/12と遅くし、これも光の量を増やします。※SSは1/50を下回ると手ぶれが心配なので必要に応じて三脚を用いる。 さらにデジタル一眼レフでは魔法の「ISO感アップ!」の選択可能です。フィルムは充填しているフィルム感度に依存するのであらかじめ被写体に応じてフィルムの選択が考えられます。

さいごに。

デジタル技術は日々進歩し、全ての人にインスタントで画一的な結果をもたらします。それは、好む、好まざるに関わらず逃れようがありません。しかしながら、人には感情や表現力があります。メールで伝えにくいことはあえて電話を使い、心をこめたお礼には手書きの一筆を添えることもできます。

ビジネスデザインには顧客に応じた情報の深度とコミュニケーション量のバランスが重要です。言い過ぎては煙たがられ、言葉足らずだと説得力を欠く。常に適正露出をキープしながら顧客を魅了するデザインを追求してゆきたいものです。

以上、

 

 

関連記事

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

小幡亮

小幡亮

中小企業の「ブランディング」と「ネットショップ運営」を主軸に活動中。パーソネルは「知りたがりのやりたがり。」実践からしか学べない不器用ものなので、年1でスモールビジネスを立ち上げリアルビジネスの修行中。レッドオーシャンこそプレーヤーチェンジ。「おもしろい」と思ったことは意地でもカタチにします。ピンボール世界ランカー30,000位くらいw

小幡亮の記事一覧

2015年10月21日 9:13 PM
カテゴリー: イベント

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

サクサクブログ内検索