仕事の環境を変えてみた(1)

Pocket
LINEで送る

サクサクプロジェクトは準備期間を入れると1年以上経ちました。
それに合わせて、仕事内容はガラリと変わりました。

どう変わったか?

以前は、Webディレクションが主な業務でした。
パワーポイントで企画書を書いたり、エクセルでサイトマップを作ったり、主にChatworkとGoogleスプレッドシートで制作管理をしていました。
あと、時々デザインもしていました。(元々デザイナーですので)

今はディレクションをすることがほとんど無くなったのは大きな変化です。
企画書を作ることは今までと変わりないですが、営業のようなプロモーションのような活動が主になっています。

さらに大きな変化は、デザインをしなくなったことです。
今までは、なんだかんだでデザインをしていましたが、任せた方が良いものができますし、集中できる時間が細切れというのも理由の一つかもしれません。

環境を変えるきっかけ

そんな中、最近大きなトラブルがあり、メインマシンを失ってしまいました・・・(詳細は割愛します)
しばらくはペットロスならぬ、「Macロス」状態で仕事がなかなか捗りませんでした。
そして、新しいMacBookになるタイミングで、前から考えていた環境に変えようと思い立ちました。

メインマシン

ずっとメインマシンはデスクトップだったのですが、移籍してからは、会社から支給されるノートパソコン(MacBook Pro/DVDドライブ内臓)に外付けの24インチのモニターをつないでいました。
ただ、この状態だと、メインのモニターとMacBook(キーボード)に距離があり、首を左右に振りながらの作業で若干ストレスを感じていました。

クラムシェルモードは使える

この状況を打破するために、前から気になっていた「クラムシェルモード」に切り替えました。
MacBookを閉じた状態で、外付けモニターとキーボードとマウスを繋いで使います。
ほぼデスクトップ状態です。
社内で移動する時だけ、本来のノートパソコンの姿になります。
なんで早くこうしなかったのか、と思うくらい今は快適です。

メインマシンを持ち歩かない

さらに、ずっと気になっていたことは、メインマシンを持ち歩くことでした。
打ち合わせやプレゼンやイベントの度に持ち出すのですが、大事なデータが入っているので「これがトラブったらお手上げだなぁ・・・」となんとなく不安に感じてました。
映像制作会社ということで、DVDドライブがまだまだ必要なので結構重いということも持ち歩かない(持ち歩きたくない)理由に一つになっていました。

サブノートはできるだけ小さく

メインマシンを持ち歩かなないとなると必要になるのはサブノートです。
打ち合わせやプレゼン、あとは自宅での軽作業で使えれば良いと考えれば、できだけ軽いノートということになります。
私は、タイミングよく知り合いの方がMacBookを買い換えるということで、お下がりの11インチのMacBook Airを譲ってもらいました。
これがかなり快適で、デザイン制作をしないのであれば、メインマシンよりも快適かもしれません。

「Macを探す」

できるだけ持ち歩かないと言っても持ち出す可能性があるので、万が一の時のためにiCloudの設定で「Macを探す」をONにしておくことにしました。
iPhoneを探すアプリでMacも探せるようになってますが、かなり正確に場所を特定できます。

電源が入っていてネットに繋がっている状態でないと効果はないですが、遠隔でロックやデータの消去ができるのはなんだか安心です。

すでに実践している人も多いかと思いますが、何かの参考になればと思います。

関連記事

Pocket
LINEで送る

深川正英

深川正英

プロダクトデザインを原点に、家庭用ゲームのデザインを経験した後、1997年「studio SEED」を設立。
Webコンテンツ、モーショングラフィックス主体の映像やVJなど、コンテンツの企画からデザインや制作を行いつつ、講師や映像系イベントの企画・運営などの活動を行う。
2005年クリエイターのコミュニティ作りを目的とした日本第一号の有限責任事業組合「バビル6 LLP」を設立。
2010年「合同会社かぷっと」の立ち上げに参加し、Planner兼Directorとして活動。
2014年「有限会社ちゅるんカンパニー」に移籍し、再びクリエイターコミュニティの活性化とコンテンツによる問題解決を目的とした「サクサクプロジェクト」を開始し、「サクサクトランスピッター」として活動中。

深川正英の記事一覧

2015年11月10日 10:46 PM
カテゴリー: 役に立つ

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

サクサクブログ内検索