HackOsaka2016に参加しました

Pocket
LINEで送る

少し前になりますが、2月17日(水)に開催した「HackOsaka2016」に参加しました。

▼国際イノベーション会議HackOsaka2016
http://www.innovation-osaka.jp/ja/hackosaka2016

海外で展開しているスタートアップや、これから展開する起業家が集まって、大阪を盛り上げようというイベントでした。
全編ほぼ英語でしたので、同時通訳に頼りっぱなしの参加でした。

グローバル チャレンジャーズ トーク

すでに軌道に乗り始めているスタートアップのスピーチでしたが、peatix.comの共同創業者である竹村詠美さんの講演も当然のようにペラペラの英語でした。
内容的にはあまり突っ込んだ話はなかったので割愛します。

インターナショナル・ピッチコンテスト

スタートアップしたての方たちのピッチコンテストでした。
日本人も混じっていましたが、ここでももちろん英語のみ。

1)まごチャンネル(https://www.mago-ch.com/
2)podaris(https://podaris.com/
3)Fabelio(http://fabelio.com/
4)BUDO FINDER(https://budofinder.com/
5)PawnHero(https://pawnhero.ph/
6)ACPAD(http://www.acpad.com/
7)YESBOSS(https://yesbossnow.com/
8)Meet My Dog(http://meetmydogapp.com/
9)SHIP WISE(http://www.shipwise.net/
10)HADO(http://meleap.com/hado/

優勝は、フィリピンでオンライン質屋サービスをスタートしている 5)「PawnHero」というWebサービスでした。
フィリピンではまだまだ質屋の利用が盛んだそうで、仕組みとしては面白いと思いましたが、日本とは事情が違うため、正直なところピンときませんでした。

スタートアップセッション

関西を起点にスタートアップを果たした方たちによるパネルディスカッションでした。(ここだけ日本語OK)
大阪の取り組みとして、1年に1度スタートアップを目指す人たちの中から選抜して、シリコンバレーのスタートアップを視察した上で関西でのスタートアップを支援するという試みを続けています。
この選抜メンバーによるパネルディスカッションでした。

ここでも「海外も含めて見ると大阪は元気ないよねぇ」的な発言から始まり、「大阪が誇る笑いの文化って独特すぎてこのままでは海外で受け入れられにくいよねぇ。」という厳しいコメントで締めくくられ、元気になれませんでした・・・(^^;

ただ、ピッチコンテストでの発表を見ていると、国や地域ごとに課題と解決方法が異なるように、まずは地元である大阪の課題を解決することが先決で、海外展開はその先にあるんだと感じました。

関連記事

Pocket
LINEで送る

深川正英

深川正英

プロダクトデザインを原点に、家庭用ゲームのデザインを経験した後、1997年「studio SEED」を設立。
Webコンテンツ、モーショングラフィックス主体の映像やVJなど、コンテンツの企画からデザインや制作を行いつつ、講師や映像系イベントの企画・運営などの活動を行う。
2005年クリエイターのコミュニティ作りを目的とした日本第一号の有限責任事業組合「バビル6 LLP」を設立。
2010年「合同会社かぷっと」の立ち上げに参加し、Planner兼Directorとして活動。
2014年「有限会社ちゅるんカンパニー」に移籍し、再びクリエイターコミュニティの活性化とコンテンツによる問題解決を目的とした「サクサクプロジェクト」を開始し、「サクサクトランスピッター」として活動中。

深川正英の記事一覧

2016年2月29日 3:13 PM
カテゴリー: イベント

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

サクサクブログ内検索