「HAZAITHON(ハザイソン)」に参加しました

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

3月12日(土)、工業製品の端材を使ったハッカソン=端材ソンに、メンターとして参加しました。

▼HAZAITHON(ハザイソン)
http://www.osakachaos.com/hazaithon/

製品を製造する過程で⽣まれた端材や不良品は、産業廃棄物(ゴミ)として処分されますが、そこに新しい価値を生み出そうという趣旨のもと開催されました。

参加者は、中小企業の集合体である「大阪ケイオス」に所属している企業の新入社員や中堅社員を中心に、大学生や某大手企業の開発部、そして会場になったレイクリーションのスタッフも加わり、計40名ほどになりました。

今回は企業研修の一環として開催されたので、一般からの参加者はいませんでしたが、所属や経験が異なる人同士がチームになるので、最初はぎこちなく静かなスタートでした。
最終的には大いに盛り上がり、端材を使った新しい製品(プロトタイプ)を生み出すアプローチができたことは、大阪ケイオスとしても大成功と言っていいと思います。

結果は上記サイトで公表予定ですので、後日チェックしてください。

司会・進行は、この業界では有名な羽渕(ハブチン)さんが担当しました。
自ら「ハッカソン芸人」と名乗るだけあって、今回の一番の目的である「アツいコミュニケーションの場を作る」こともできたかと思います。

この活動が、今後どのように繋がり発展していくのか注目です。

▼大阪ケイオスとは?
http://www.osakachaos.com/
大阪のものづくり企業が協力して、情報メディア発信力を向上し、ビジネス機会の拡大と地域起こしを実現する組織。
共に受注や開発を行うとともに、人材の採用や広報、CSR活動等を行っている。

保守的な中小企業が多い中、会社間を越えた新しいチャレンジをしている組織なので、サクサクプロジェクトとして今後も注目していきたいと思っています。

関連記事

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

深川正英

深川正英

プロダクトデザインを原点に、家庭用ゲームのデザインを経験した後、1997年「studio SEED」を設立。
Webコンテンツ、モーショングラフィックス主体の映像やVJなど、コンテンツの企画からデザインや制作を行いつつ、講師や映像系イベントの企画・運営などの活動を行う。
2005年クリエイターのコミュニティ作りを目的とした日本第一号の有限責任事業組合「バビル6 LLP」を設立。
2010年「合同会社かぷっと」の立ち上げに参加し、Planner兼Directorとして活動。
2014年「有限会社ちゅるんカンパニー」に移籍し、再びクリエイターコミュニティの活性化とコンテンツによる問題解決を目的とした「サクサクプロジェクト」を開始し、「サクサクトランスピッター」として活動中。

深川正英の記事一覧

2016年3月17日 5:07 PM
カテゴリー: イベント

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サクサクブログ内検索