東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2 レポート

Pocket
LINEで送る

2016年9月23日(金)、堺筋本町にあるモノづくり系コワーキングスペース「THE DECK」にて、「東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2」を開催しました。

▼「東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2」Facebookページ
https://www.facebook.com/events/1175844632457021/
主に東大阪の製造業と様々な分野のクリエイターのコラボレーションを促すプログラムから、新たなビジネスの種を生み出すことを目的としたプロジェクトのための異業種交流イベントです。

▼前回(第1回目)のレポートはこちら
http://blog.saku-saku.org/2016/08/22/higashiosaka-meetup_1/
▼その後の参加メーカーへのヒアリング
http://blog.saku-saku.org/2016/09/09/higashiosaka-meetup_1follow/

今回の狙い

このような第1回目の反省を踏まえ、今回はメーカーとクリエイターにできるだけフラットな状態で対話をしてもらい、自身の能力や役割を超えた発想を促すことに重点を置きました。
プログラムとしては、できるだけ多くの人と対話し、アイデアをシェア/拡散できるように、テーブルに大きな模造紙を広げ、席替えを2回行いました。
しかし、運営側から見ると高い壁があることを感じました。

実際には・・・

このプログラムの難しいところは、最初の一歩です。
大きく真っ白な模造紙に、最初に筆を下ろすのは少し勇気が必要です。
「何を書いてもOK」と言われると余計に手が出なくなり、つられて対話が活性化しなかったりする危険性があります。
実際、最初はそのような空気感があったと感じていました。

そこで、メーカーとして参加されている方に最初の一歩をお願いしました。
それ以降は対話が生まれていき、模造紙は徐々に埋まっていきましたが、メーカーの課題の提示からスタートしたため、一部では飛躍したアイデアも見受けられましたが、全体としては問題解決型のアイデアが多くを占めました。

このこと自体が悪いということではないですし、お客さんが抱えている課題をクリエイティブな手法で解決するということを普段から実践しているからこそできるのだと思います。
今回のような形の方が今後のプロジェクトへも繋がりやすいとは思いますが、第一回目と同様に、果たしてクリエイター側への参加メリットはあったのか?という疑問が残る結果となりました。

今後の東大阪メーカーズ・ミートアップ

今は誰もがメーカーになれる時代と言われています。
ただ、モノづくりのノウハウはそんなに簡単に身につくものではないですし、デザインやシステム、販促や広報に関しても同様です。
お互いがお互いの壁を取り払って、共有・連携することによって初めて新しい「何か」が生まれたり、クリエイターがメーカーになることができると思っています。

「メーカー」と「クリエイター」というと、「発注」と「受注」という関係性になることが多いですが、そうではなく、今後はよりフラットな関係性で対話ができ、様々な方向からのアイデアが新しい商品やサービス、プロジェクトに結びつくようなイベントにしていきたいと考えています。

10月以降は毎月第3金曜日に定期的に行う予定です。
次回は10月21日(金)です。
今回の結果を踏まえたテーマで、また少し違った仕掛けを用意する予定ですので、興味がある方は参加していただければ嬉しいです。

今回のイベントの様子

ミートアップへの参加者が36名、見学も合わせると46名ということで、イベントとしては盛況でした。

img_5967 img_5971 img_5973 img_5974 img_5977 img_5980 img_5981 img_5995 img_5996 img_5998 img_5999 img_6004 img_6005 img_6006 img_6008 img_6012 img_6016
 
 

関連記事

Pocket
LINEで送る

深川正英

深川正英

プロダクトデザインを原点に、家庭用ゲームのデザインを経験した後、1997年「studio SEED」を設立。
Webコンテンツ、モーショングラフィックス主体の映像やVJなど、コンテンツの企画からデザインや制作を行いつつ、講師や映像系イベントの企画・運営などの活動を行う。
2005年クリエイターのコミュニティ作りを目的とした日本第一号の有限責任事業組合「バビル6 LLP」を設立。
2010年「合同会社かぷっと」の立ち上げに参加し、Planner兼Directorとして活動。
2014年「有限会社ちゅるんカンパニー」に移籍し、再びクリエイターコミュニティの活性化とコンテンツによる問題解決を目的とした「サクサクプロジェクト」を開始し、「サクサクトランスピッター」として活動中。

深川正英の記事一覧

2016年9月25日 5:00 PM
カテゴリー: イベント, プロジェクト, ミートアップ

サクサクプロジェクトとは?

「クリエイティブ型事業プラットフォーム」

私たちは、多様性のあるクリエイティブ かつ おもしろい観点で、企業や社会のワクワクした毎日を創造します。

サクサクプロジェクト

書いている人

ふにす出口
瀬口理恵
深川正英
松山恭子
建山和徳
黒崎崇範
加藤洋平
洪裕智
小幡亮
丸谷公一
久米川 隆

イベント告知

12月25日(金)はサクサクサロンVol.5「サクサクリスマス忘年会」 イベント詳細はこちら

カレンダー

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

サクサクブログ内検索